気になった裏話を独自の視点で掘り返す!

濱田岳が倉科カナとの共演「みなさん、さようなら」でNG連発した訳とは

濱田岳が倉科カナのバストを鷲づかみしたシーンがある映画があるのだとか。いったいどんな映画なのでしょう?ぜひ見てみたい気がしませんか?

倉科カナ 濱田岳 画像1

 

映画「みなさん、さようなら」でのラブシーンが話題に!

若いながらシッカリした演技力が定評のある濱田岳と人気女優倉科カナが映画「みなさん、さようなら」で共演を果たしました。団地から一歩も外に出ずに生きると決めた主人公(濱田岳)と初めての恋人(倉科カナ)といった役どころのようです。
倉科カナ 濱田岳 画像2
濱田は12歳の中学生から30歳までを演じるという極めて難しい役で、結構苦労もしたようです。身長160センチと小柄で童顔の濱田ですが、12歳の役は厳しかったでしょうね(笑)しかも劇中には苦手のラブシーンもあり、かなり大変だったと語っています。相手は倉科だけではなくモデルの波瑠ともラブシーンがあったのだそう。
何だかラブシーンだけでも見たくなってしまいませんか?

 

倉科の胸をつかんでセリフがとんだ?

「しゃべくり007」に出演した際に、苦手なことはありますか?という質問に対して「ラブシーン」と速攻で答えていたのが印象的でした。「みなさん、さようなら」では倉科とのラブシーンに臨む前に監督から「好きなようにやっていいよ」と言われ、非常に困ったのだとか。

撮影開始と同時にとっさに倉科の胸を両手でわしづかみしてしまい、頭の中が真っ白になったのだとか。しかもセリフもすっかり飛んでしまい自己嫌悪に陥ってしまったのだそう。「俺は何をしているんだ?」と思ったみたいですね(笑)実は濱田にとってはこのシーンが人生初のラブシーンだったようですから、緊張するのも無理はないかもしれません。
倉科といえば美しい上に、バストはFカップとされていますから世の男性方には羨ましい限りの話でしょうが、本人はかなり落ち込んでしまったようです。ただ普通に見るよりも、そういった裏話を知ってから映画を見るのも楽しいかもしれないですね。

 


関連記事

ページ上部へ戻る