気になった裏話を独自の視点で掘り返す!

坂上忍が愛した武井壮の亡き兄との泣けるエピソード

いまやテレビでは見ない日はないと言っても過言ではないほどの坂上忍と、「百獣の王」武井壮の若くして亡くなった兄との間には知られざる関係があったことが分かりました。毒舌で知られる坂上と武井の感動エピソードを調べてみました。

武井壮 坂上忍 画像1

2014年7月20日放送の「さんまのからくりTV」で明らかになった坂上と武井の感動秘話が話題になったようです。共通項が見当たらないこの二人にいったい何があったのでしょうか。

 

若くして亡くなった武井壮の兄は坂上忍の付き人だった!

24歳の若さでガンで亡くなった武井の兄は俳優志望で、実は坂上の付き人をしていたのだとか。生活の面倒や病院の手配をして陰で支えていたのは坂上だったようです。
武井壮 坂上忍 画像2
家族の反対を押し切って16歳で家を出た武井の兄・情さんは坂上の元を訪れ俳優の見習い兼付き人になり、そんな情さんを公私に渡って可愛がっていてくれたことを感謝したいと武井が告白しました。無名だった兄をデビューさせ、不安定な生活の面倒を見てくれたことを情さん自身もとても感謝していたのだとか。

 

坂上が付き人と取らない理由は亡くなった武井の兄にあった!

情さんの告別式で、弔辞を読み上げたのも実は坂上だったそう。情さんを大変可愛がった坂上は「武井情以上に愛情をかけられる付き人は絶対にいない」とその後は一切付き人をとらなくなったようです。
武井壮 坂上忍 画像3
偶然にも芸能界入りした武井壮に、とある番組で共演した時は「情の弟だよね。ごめんねご無沙汰して」と話しかけてくれたのが感動的だったと武井は語ります。お世話になったのは僕たち家族だったのに、連絡を取らないでいたことを責めもせずに・・。謝らなければいけないのは僕の方だったと言葉を詰まらせていました。
こんなエピソードがあるにも関わらず、自分から一切公言せずに陰で武井に声をかけていた坂上の人間の大きさを感じますよね。毒舌で嫌なヤツだと思っていた人も多い筈ですが、実際にはとても人間味のある優しい人だということが判明しました。坂上がこれほどまでに人気が出たのも分かるような気がしませんか?

 


関連記事

ページ上部へ戻る