気になった裏話を独自の視点で掘り返す!

長い下積み時代を支えた小日向文世の嫁への感謝の気持ち

いまやすっかり人気者、人気ドラマに引っぱりだこの俳優小日向文世は39歳で結婚したのだとか。下積み生活が長かった小日向の結婚相手は、同じ劇団に所属していた女性のようですね。

小日向文世 結婚 画像1

小日向の嫁の詳細は一切不明ですので、すでに引退していると予測できます。39歳という年齢で結婚しましたが、そのころはまだまったく売れない俳優で生活はかなり厳しかったそうです。

食費に困るほど大変だった新婚時代

オンシアター自由劇団時代につきあった女性(現嫁)に、「あなたの子供が欲しい」と言われて結婚したという噂もある小日向ですが、売れない俳優の生活は大変に厳しく、月末には食事にも困るほどの状態だったそう。

小日向文世 結婚 画像2
1995年、1998年に息子が誕生するも、生活が厳しい状態が続き借金をして凌ぐ日々が続きます。しかし、嫁は「仕事してこい!」「稼いでこい!」とは一切言わずに生活をささえてくれていたようですね。よほど小日向のことを信頼していたのでしょうか。

 

貧しいけれど子供達と濃密な時間を過ごせたのは妻のおかげ?

仕事がほとんどない頃、子供達を連れて近所の公園でよく遊んだという小日向は、子供のブランコを押しながら「仕事来ないかな~、仕事くるといいね~」と語りかけていたそうです。プレッシャーを一切かけずにそんな小日向をささえた妻に対して「女房は偉かったなあと思います。」と語っていました。

小日向文世 結婚 画像3
演技力もさることながら、その温厚で優しい性格が功を奏し、徐々に仕事が入るようになります。ついに2001年のフジテレビドラマ「HERO」出演でブレイクをはたし、売れっ子俳優になりますが、年齢はすでに47歳でした。かなりの遅咲きといえるでしょう。
子供の友達からは「キムタクと一緒に出てる人だ!」と言われ、嬉しかったと後に話しています。若い頃は大変だったでしょうが、円熟期を迎えたころにピークがやってきたのですから本当に良かったといえます。奥さんもさぞかし喜んでいることでしょうね。良い人キャラから極悪人まで演技の幅が広い小日向ですから、今後ますますの活躍が期待できますね!

 


関連記事

ページ上部へ戻る