気になった裏話を独自の視点で掘り返す!

ワイルドスピードに出演した北川景子の英語力が急上昇したきっかけとは

ドラマ「HERO」をはじめ。数々の人気ドラマや映画に出演し、日本を代表する美人女優といえる北川景子は英語がかなり堪能なようです。どうしてなのか、その理由を探ってみます!

北川景子 英語 画像1
サバサバした性格と美しいビジュアルで、いまや日本で一番人気がある女優と言っても過言ではありません!そんな北川がなぜ英語が得意なのかを調べてみました。

 

医師の孫で元々頭が良いらしい

北川景子は明治大学卒の才女ですが、元々通っていた大阪女学院(高校)は偏差値69の進学校で知られます。父親が厳しく部活動などをせずに勉強する毎日だったのだとか。たとえテストで99点を取ってきても、どこで1点を落としたんだ!と叱られたようです。
北川景子 英語 画像2
祖父も医師だったうえに、引っ込み思案で大人しい少女だった北川はカウンセラーや精神科医を目指していたようで、かなりの勉強家であったと想像できます。

 

発音を勉強しに撮影後にホームステイ決行!

そんな北川が女優になり、2005年10月にハリウッド映画「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」の撮影でアメリカ・ロサンゼルスに行きました。子供のころから成績優秀で英語も得意だった北川ですが、発音が通じず意思疎通が困難だったようで、かなり悔しい思いをしたといいます。しかし、ここからが努力家・北川景子の本領を発揮します。
北川景子 英語 画像3
外国人出演者やスタッフと日常会話を続けていくうちに英会話のレベルが上がってきたことに気がつき、単身でホームステイを決意したのだとか。事実、2006年2月にはロサンゼルスに渡り2ヶ月間のホームステイを果たします。ここでもかなり努力して、英会話のスキルを上げたようですね。
北川のすごいところは、ただの美人女優というレベルではなく、自分自身のスキルを上げるためにはかなりキツイ努力も惜しまないところではないでしょうか?あれほどの可愛らしさですから、黙っていても仕事には困らないはず。幼いころに一生懸命勉強した努力家の精神は、いつまでも残ったままなのでしょう。
なぜこれほどまでに北川の人気が高いのかが、何となく分かるような気がしますね!

 


関連記事

ページ上部へ戻る